TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

 

光学顕微鏡は裸眼では観察することの出来ない微小な対象を観察する古典的な手法です。現代において観察対象は有機細胞、半導体表面、単一の分子にまで応用範囲が拡がっています。代表的なアプローチとして2つの手法が考えられます。近接場を検出するものと(SNOM)、観察対象が発光する信号を遠視野でとらえる方法です。 異なる光源を用意することで実に様々な顕微鏡の手法を使い分けることが可能となります。

多くの古典的な手法では簡易的な白色光を用意するのみで十分でしたが、一方でレーザーが光源として必要とされるより洗練された手法が存在します。これらの光源としてはシングルモード半導体レーザーまたはマルチ波長レーザーエンジン(レーザーコンバイナ―) があり1波長または複数波長同時に連続光を発振します。またいくつかの観察手法にはフェムト秒レベルの時間幅を持つ超短パルス信号が必要とされ当社の超短パルスファイバーレーザーシリーズが最適なソリューションとなります。