TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

少し前までテラヘルツの周波数帯域は電磁スペクトルの最後のフロンティアと呼ばれていました。その主な理由は強く指向性のあるテラヘルツ波を生成することが非常に困難であったことでした。ここ数年の間に近代的なレーザー技術と高出力なエレクトロニクスエミッタをベースとするオプトエレクトロニクスの技術手法が「テラヘルツギャップ」の橋渡しとなりアプリケーションの発展に寄与してきました。これは合成繊維、テキスタイル、紙、厚紙などの材料がテラヘルツ波に対して透過的であるという事実を利用して豊富なアプリケーションを提供しています。さらに毒性物質や爆発性物質を含む多くのガスや有機物は0.1〜5THzの間で特徴的な吸収線を示します。

このことからテラヘルツ波の多くの応用はイメージングまたはテラヘルツ分光法のいずれかに関連します。 トプティカ社は黎明期からテラヘルツ分野の有力な研究者と連携しパルス連続波(CW)テラヘルツ生成の2つの最も重要なオプトエレクトロニクス手法を扱う科学者とエンジニアに様々なソリューションを提供できるようになりました。エキサイティングで絶え間なく成長するテラヘルツ技術の分野をサポートすることを当社は誇りに思っています。

 

 

 

TOPTICAの最先端テラヘルツソリューション:

周波数領域テラヘルツ

時間領域テラヘルツ

テラヘルツスクリーニング

テラヘルツアクセサリ