TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

TopMode

単一周波数 半導体レーザー

  • 高い波長 / 周波数安定性を兼ね備えた半導体レーザー
  • 波長: 405 / 445 / 488 / 515 / 633 nm
  • 単一周波数の出力100 mW  @ 405 nm
  • アクティブコヒーレンス制御 (CHARM)
  • 度衡測定、光干渉計測、ラマン分光

トプティカ社の TopMode はHeNeレーザーのような簡易的なレーザーの置き換え用途だけでなく, ハイパワーな青色のレーザー光源も提供できます。  TopMode シリーズは出力, コヒーレンス及び波長の安定性において産業ユーザー様から高いご評価を頂いています。特許を取得したアクティブコヒーレンス制御機能 (CoHerence-Advanced Regulation Method=CHARM) はレーザーのコヒーレンスの安定性, 更に連続した単一周波数動作を実現します。 TopMode と CHARM によって24時間7日の信頼できるオペレーションをご提供致します。

  • Specifications
    Model TopMode 405 TopMode 445 TopMode 488 TopMode 515 TopMode 633
    動作モード CW連続波, 単一周波数(波長固定)
    発振波長 405 nm 443 nm 488 nm 514 nm 633 nm
    波長公差 ± 2 nm
    波長選択オプション オプション対応, 選択精度 +/- 0.25 nm
    波長チューニング機能 対応していません
    波長安定性* < 1 pm/h (< 0.5 pm/時間、 典型値), peak-peak
    発振線幅 < 5 MHz (< 0.01 pm)
    コーヒレンス長 > 25 m
    ASE抑圧比 40 dB、典型値 35 dB、典型値
    出力, 空間結合 50 mW
    (100 mW**)
    30 mW 30 mW
    (60 mW**)
    25 mW 50 mW
    出力, ファイバー結合 25 mW
    (50 mW**)
    15 mW 15 mW
    (30 mW**)
    15 mW 25 mW
    CHARM機能 Active coherence stabilization, 内蔵
    出力安定性 * < 0.5% (STD/mean) / 時間、典型値
    強度ノイズ (RMS) ≤ 0.1% @ 10 Hz - 10 MHz
    偏光特性 直線偏光, 偏波消光比> 100 : 1, 90° (空間出力モデル)
    ビーム特性 コリメート光, 円形, 典型値 ビーム径 ∅ 1 mm (FWHM), 楕円率 < 10% ***
    空間モード M² < 1.5 (< 1.2 typ.)
    光アイソレータ 内蔵, > 30 dB
    ファイバー出力 オプション対応, 結合効率50% in SM fiber(典型値)
    コントローラ TopMode CHARM Control
    暖気時間 スタンバイ状態から10分未満
    レーザーヘッド外径寸法 (H x W x D) 空間出力: 192 x 80 x 60 mm, ファイバ出力: 218 x 80 x 60 mm
    レーザーヘッド重量 1.5 kg
    コントローラ外形寸法 (H x W x D) 45 mm x 480 mm x 290 mm
    コントローラ重量 4 kg
    電源仕様 100 .. 120 V / 220 .. 240 V AC, 50 .. 60 Hz (自動検出)
    消費電力 典型値 < 70 W, 最大値 150 W (incl. CHARM control)
    PCインターフェイス イーサネット, USB
    環境温度 15 - 30 °C, 安定性 ± 3 °C (動作時), 0 - 40 °C (保管およぶ輸送時)
    環境湿度 結露無きこと

    * CHARM機能をオンにした状態での値となります
    ** 高出力バージョン(オプション)での値となります
    *** 出射口から2メートル位置でのファーフィールドでの値となります。488nmモデルのビーム形状は楕円となりますのでご注意ください

  • Additional Information
  • Options

    ファイバ出力オプション - SmartDock
    TopMode を堅牢なファイバー出力レーザーシステムに変更させることが可能です。シングルモードファイバーまたは偏波面保存ファイバーをトプティカ社の特許技術を採用した SmartDockを介して接続します。

     

    • 最高のシングルモードファイバ結合効率
    • 変動の大きい環境下でも他に類を見ない安定性を実現します。
    • 特許取得済みのファイバー結合機構を採用 (US 7,321,706, EP 1,666,944).
    • 簡単で直観的なアライメント作業
  • Applications
    • 超精密度量衡計測
    • 散乱光測定法
    • 光干渉計測 & ホログラフィ
    • 高分解能ラマン分光
    • 量子暗号
    • 光ダウンコンバージョン法
  • Downloads