TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

XTRA II

ラマン分光用単一周波数レーザー

  • 線幅 <10 MHz (典型値)
  • ラマンアプリケーションに最適
  • 最大出力500mW @ 785nm
  • ファイバーカップリング可能
  • ASE 抑制 > 40dB

XTRA II は一台のレーザーで(ガウシアンビーム, 単一周波数オペレーション, 高出力)といった3つの3つのトップ機能をご提供いたします。非干渉性の ASE ノイズは40dB以上も抑えられ、高いSN比によりXTRAIIはラマンアプリケーションに最適な光源となりました。 標準装備の高品質光アイソレータは、XTRA IIの長期的で最高のパフォーマンスを確実にします。

  • Specifications
    波長785 nm
    出力 (空間結合)最大 500 mW
    長時間出力変動 (10時間)< 5 %
    スペクトル線幅 (典型値)< 10 MHz
    空間モードTEM00, M² < 1.7
    ASE抑圧比 (典型値)> 40 dB
    長時間周波数変動 (10時間)< 1 cm-1 / 30 GHz
    光アイソレータ35 dB / 60 dB (オプション対応)
    ビーム径 (@ 1/e²、典型値)2.2 mm
    ビーム拡り角 (典型値)< 1 mrad
    ファイバ結合効率 (典型値)50%
    フォーカスビリティ< 1 µm (使用オプティクスに依存します)
    偏光特性典型値、500:1, 直線偏光, 45° (レーザーベース面に対し時計回り方向)
    動作電圧90 - 260 VAC
    動作環境温度レンジ15..35 °C
    レーザーヘッド外形寸法 (L x W x H)270 x 122 x 85 mm³
    電源外形寸法 (L x W x H)175.1 x 179 x 69.5 mm³
  • Additional Information
  • Options

    ファイバー出力オプション – FiberDock XTRA II
    OEM組込み時の設計自由性を高めるためシングルモードファイバ出力オプションをご提供致します。汎用のマルチモード半導体レーザー光源とは異なり、XTRA II はシングルモードファイバーまたは偏波保持ファイバーから250mWの出力を可能にします。ファイバー出力のための機構はトプティカ社の特許技術 FiberDock および35 dB 光アイソレータから構成されています。最大のファイバー結合効率と最高水準の波長安定性を両立したレーザーシステムとしてご利用頂けます。

     

    ファイバー出力コリメータオプション – FiberOut
    多くのアプリケーションではファイバー出力と出力端でのコリメート光が必要とされます。そららを包括したソリューションとしてFiberOutをご提供します。ファイバ出力端で拡がり角を持った光をコリメート光に成形します (ビーム寸法 0.5 mm - 4 mm @ 1/e² CA: 4.8 mm)。FC/APC コネクタタイプを標準でご用意しています。その他のコネクタ形状もお問合せ下さい。 

  • Applications
    • ラマン顕微鏡 / ラマン分光
    • 化学プロセスコントロール
    • 光プローブ法
    • レーザーピンセット
    • 医薬品スクリーニング検査
    • 超高分解能ラマン顕微法
    • その他各種ラマン応用アプリケーション
  • Downloads