TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

DLC MDL pro

ラックマウント型 外部共振器チューナブルレーザー

  • 標準型 19インチサイズラックを採用
  • 複数台の狭線幅レーザーを1台に集積
  • 広いチューナブルレンジ & 周波数ロッキング機能
  • シングルモード偏波面保存ファイバ出力
  • 高い性能を可能にするデジタル制御

MDL pro は最大4台の狭線幅波長可変半導体レーザーをコンパクトなサブラックに収納したシステムです。このシステムは現在の原子光学における数かすの課題を解決することが可能です。1台に集積化された複数のレーザーは1系統のインターフェイスから集中的に制御が可能になり複雑な操作を大幅に簡易的にします。また複数台のレーザーを標準型 19インチサイズラックにコンパクトに収納することで光学定盤上の大幅な省スペースに寄与します。複雑なレーザーの管理の手間を省き、研究者が本来行うべき実験テーマによりフォーカスすることを可能とします。MDL proは可搬でき次世代型AMOシステムの要求を満たします。また現在のラボベースの実験における潮流である小型化、可動式という要求にこたえるものです。

MDL pro は2HU 19インチラックに369nmから1625nmの波長選択レンジを持つ波長可変シングルモードを内蔵したラックマント型レーザーシステムです。これらのレーザーモジュールはトプティカ社のDL proまたはDFB半導体レーザーをベースにデザインされています。最大で4つの独立した波長を事由に選択してMDL proに内蔵することが可能です。当社の「半導体レーザー在庫リスト」にあるすべての半導体レーザーからの選択が可能です。

MDL proに内蔵されたレーザーは定評のあるトプティカ社DL proおよびDFB proと同等性能の究極的なパフォーマンスを実現します。類を見ない静的な安定性、卓越した周波数ロッキングソリューション、また狭線幅をひとつのシステムで可能とします。それぞれのレーザーは(当社のFiberDock結合器を用いて)それぞれ独立したファイバーから出力され、ユーザーにより異なる光学系に合わせて自由度の高い設計が可能です。スライド式引き出し構造のデザインは内部のモジュールに容易にアクセス可能でサービス対応時の迅速性にも優れています。

MDL proの全てのレーザーモジュールはトプティカ社の3HU DLC proデジタルコントローラにより制御されます。タッチスクリーン、ノブおよびボタン操作により直観的な操作が可能なだけでなく、デジタルアーキテクチャ設計による超低ノイズ、インテルジェンスな周波数ロッキング機能も同時にご提供します。またユーザーの利便性をさらに高めるリモート遠隔操作も可能です。