TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

光ファイバーパッチコード

Ideally suited for TOPTICA's tunable diode lasers

  • 偏波面保存ファイバー (PM)
  • 高出力用, ARコート付き, ファイバスプリッタ/コンバイナ
  • 広範な波長ラインナップ (350 nm .. 1625 nm)
  • FiberDock & FiberOutと最適な組み合わせ
  • アプリケーションに合わせて様々なオプションをご用意

トプティカ社では当社のレーザーおよびFiberDock(ファイバ結合器)との使用に最適な豊富なラインナップの光ファイバーパッチコードをご用意しています。コスト性に優れたこれらのファイバは紫外から近赤外までの様々な波長に対応しています。ファイバとの結合効率を最適化するため当社のレーザーをお買い求めの際はファイバとのセット購入をお奨めいたします。パワーモニター用、様々な結合・分岐比率のビームスプリッタ/コンバイナ、偏波面保存ファイバなど多様なスペシャルファイバーもご用意しています。どうぞお気軽にこちらからお問合せ下さい

  • Specifications

    トプティカ社のレーザーシステムは多くの場合回折限界またはそれに近似したレーザー光を発振します。このためシングルモードファイバに高い効率で結合することが可能です。シングルモード光をマルチモード(MM)ファイバーに結合する事は輝度の損失の原因となりますが一方で結合効率は比較的良好でミスアライメントに対する影響も受けにくくなります。一般的に出力される信号はマルチモードとなります。シングルモード光の良好な特性を保持する為にシングルモード(SM)ファイバーを選定する必要があります。

    偏光された光をシングルモードファイバーにカップリングするとファイバーの出力部では、ランダム偏光になります。これはファイバーは一般に僅かに複屈折がある為です。そしてこの複屈折率はファイバーへの温度変化やファイバの動き/曲げの状態で常に変わります。この結果SMファイバ端での出力偏光も変化します。

    偏波保持(PM)ファイバーは適切な仕様環境において入力偏光を保持することができます。PMファイバでは強い複屈折を制御された方法で意図的に導入することにより、任意のひとつの光軸に直線偏光の信号を結合させることで出力端での偏光状態が保持されます。他の1軸に対する偏光クロストーク(偏波消光比)は一般的に-25 dB/100 mより小さくなり、480 nm以下の波長では、20 dB/100 mより小さくなります。PMファイバーの光学軸は、遅相軸(slow axis)に添って調整されています。TOPTICA社のファイバーカプラー FiberDock は、この調整を最適化するためにその軸を中心にファイバーを回転させる自由度を提供しています。

    通常すべてのファイバ端面では4%の損失が存在します。これはファイバーを透過する全ての光信号は理論値として最高透過率の92%へ減少する事を意味します。アンチ・リフレクションコーティング(AR) ファイバーは、これらの反射損失を1%以下に減少させ、ファイバ透過後の損失量を6~8%改善させることが可能です。ARコーティングは高出力に耐えますが、物理的な接触(PC: Physical Contact)を必要とするファイバー同士の結合には適していません。ARコーティングされたファイバーはご要望に応じて多くの波長でご利用いただけます。

    高出力(HP)用ファイバーの特徴は、特殊に加工された端面にあります。1W以上の出力にお勧めです。高出力用ファイバーからの出力ビームは M² << 1.1ととても小さな空間的歪みを示します。

     

     

    ファイバ種類波長レンジコネクタ種類カットオフ波長MFDNAファイバ長被覆種類製品番号
    PMファイバパッチコード
    PM350 - 440 nm2 x FC/APC< 340 nm2.3 .. > 2.60.123 m3 mm PVC#OK-000676
    PM350 - 440 nmFC/APC-FC/PC< 340 nm2.3 .. > 2.60.123 m3 mm PVC#OK-000867
    PM405 - 480 nm2 x FC/APC< 400 nm3.80.113 m3 mm PVC#OK-000633
    PM480 - 630 nm2 x FC/APC< 470 nm3.80.113 m3 mm PVC#OK-000677
    PM480 - 630 nmFC/APC-FC/PC< 470 nm3.80.113 m3 mm PVC#OK-000868
    PM630 - 820 nm2 x FC/APC< 620 nm4.50.113 m3 mm PVC#OK-000678
    PM630 - 820 nmFC/APC-FC/PC< 620 nm4.50.113 m3 mm PVC#OK-000913
    PM810 - 980 nm2 x FC/APC< 800 nm5.50.113 m3 mm PVC#OK-000679
    PM980 - 1300 nm2 x FC/APC< 970 nm6.60.113 m3 mm PVC#OK-000661
    PM1290 - 1550 nm2 x FC/APC< 1280 nm9.50.113 m3 mm PVC#OK-000680
    PM1460 - 1625 nm2 x FC/APC< 1450 nm10.50.113 m3 mm PVC#OK-000319
    AR/HP ファイバパッチコード
    PM/HP375 - 488 nm2 x FC/AFC + HP< 370 nm3.70.073 m3 mm PVC#OE-000592
    PM/HP460 - 640 nm2 x FC/AFC + HP< 450 nm4.00.093 m3 mm PVC#OE-000874
    PM/AR760 - 855 nm2 x FC/AFC + AR< 760 nm5.50.113 m3 mm PVC#OE-000660
    PM/HP760 - 980 nm2 x FC/AFC + HP< 760 nm5.50.113 m3 mm PVC#OE-000796
    PM940 - 1100 nm2 x FC/APC< 930 nm6.60.123 m3 mm PVC #OE-000799
    PM/AR1460 - 1620 nm2 x FC/APC< 1460 nm10.50.093 m3 mm PVC#OK-001293
  • Options

    測定サンプルまたは光学系からの戻り光の影響から半導体レーザーを保護するため光アイソレータが必要になる場合があります。グレーティングで安定化された半導体レーザーであるトプティカ社の理化学用半導体レーザーシリーズ,また光アイソレータシリーズはファイバ結合された単一周波数レーザーとして用いる場合最高の性能を発揮します。レーザーの特性に シングルステージタイプ または ダブルステージ アイソレータを自由にご選択頂く事が可能です。

  • Related Products
  • Literature