TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

テラヘルツ波に関して

Between microwaves & infrared

  • 周波数範囲100GHz .. 10THz、波長3mm ..30μm
  • 遠赤外線またはサブミリメートル波としても知られています
  • 非電離性ですが衣類、紙、厚紙、プラスチックなどを透過します
  • 水や多くの有機物によって高い吸収を示します
  • 高い化学的感度

テラヘルツは100GHzと10THzの間の周波数または3mmと30μmの間の波長を有する電磁波を指します。電波と赤外線の間の光にはいくつかのユニークな特性があります。テラヘルツはプラスチックと織物、また紙と厚紙などの「内側を見る」ことができます。多くの生体分子、タンパク質、爆発物または麻薬は0.1から5THzの間の周波数で特徴的な吸収線、いわゆるスペクトル「フィンガープリント」と呼ばれる特徴的な特性を示します。テラヘルツ波の2つの主な利点は一方では従来の不透明材料への高い透過性であり他方では高い化学選択性を持つことです。

テラヘルツ波の最も強力な吸収体の1つは用途に応じて有益または無益のいずれかであると判明している水分です。大気中の湿気の影響によりテラヘルツ波の伝播は数メートルに制限されますがその吸収特性を逆に利用して水分に感度の高い測定に用いることが出来ます(例えば紙ロールの吸湿検査など)。液体の水は水蒸気よりも強力な吸収剤です。

X線とは異なりテラヘルツ波はイオン化効果を持たないため一般に生物学的に無害であると考えられています。