TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

CHARM (coherence-advanced regulation method)

単一周波数半導体レーザーのコヒーレンス安定化

  • 連続的で安定した単一周波数動作
  • モードホップとコヒーレンスの悪化を低減
  • 優れた長時間波長安定性
  • ワンボタンを押すだけの容易な操作性
  • 全てのTopModeシリーズレーザーに搭載

変化する環境条件~温度、大気圧、湿度レベル~これら条件の変動は外部共振器型半導体レーザーのパフォーマンスに影響を及ぼし、モードホップや偶発的なコヒーレンスの悪化をもたらすことで”マルチモード”状態に陥る原因となります。

トプティカ社のユニークなCHARMテクノロジー (Coherence-advanced regulation method) はレーザーのコヒーレンスをアクティブに制御する技術です。TopModeレーザーシリーズで採用されたこの技術は優れた長時間における波長と出力の安定性向上のみならず究極的な低強度ノイズを可能とします。

制御のためのフィードバック回路はTopMode CHARMコントローラに内蔵されたマイクロチップにより行われます。複数の波長を必要とするアプリケーションに対して1台のコントローラで2台のTopModeレーザーヘッドを制御することが可能です。CHRAMテクノロジーは厳しい信頼性が要求される24時間動作において安定した単一周波数動作を提供します。