TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

そう遠くない以前までテラヘルツ周波数帯域は電磁スペクトルにおける「最後のフロンティア領域」と考えられてきました。その主な理由は十分な強度を持った指向性のあるテラヘルツ放射を生成することが難しいことに依ります。ここ数年の間に先進的なレーザ技術と高出力エミッタをベースとするオプトエレクトロニクス的アプローチが飛躍的に発展し「テラヘルツギャップ」の橋渡しの役目を担ってきました。これにより合成繊維、テキスタイル、紙、厚紙(段ボール)などの材料がテラヘルツ波に対して透過的であるという事実を利用して豊富なアプリケーションを提供しています。さらに、毒性物質や爆発性物質を含む多くのガスや有機物は0.1〜5 THzの間で顕著な吸収線を示します。

テラヘルツ波の多くの応用範囲はテラヘルツイメージングまたはテラヘルツ分光法のいずれかに収斂されます。トプティカ社はその黎明期からテラヘルツ分野の有力な研究者と協力しパルスおよび連続波(CW)テラヘルツ発生の2つの最も重要なオプトエレクトロニクス手法を扱う研究者とエンジニアにサービスを提供できる体制を整えています。エキサイティングで絶え間なく成長するテラヘルツ技術の分野を卓越した製品群によりサポート出来ることを誇りと考えています。

トプティカ社の先進的なテラヘルツソリューション

周波数ドメインテラヘルツ

時間ドメインテラヘルツ

テラヘルツスクリーニング

テラヘルツアクセサリ