TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

差周波光周波数コム (DFC)

Inherently CEP-stable modular frequency combs

 

トプティカ社の光周波数コム製品ラインナップは広範囲でヴァラエティに富んだアプリケーションをサポートするモジュール型のシステムです。3つのタイプのDFCベースシステムをご用意しています: DFC CORE, DFC CORE+, DFC SEED。全てのモデルには他に類を見ない低ノイズパフォーマンスを実現したトプティカ社の独自技術 CERO-technology が採用されています。

DFC COREとハイエンドモデル DFC CORE+ にはビート信号検出のためのデジタルオシロスコープ、またGPSにより制御されたRFリファレンス信号が含まれています。両モデルとも4つの、またはオプション対応にて8つの位相安定化された1560 nmの信号が出力されます。

DFC CORE / DFC CRE+からの出力を 420 nm から 2200 nm の様々な波長へ変換するための多くの 波長拡張モジュール が用意されています。DC CORE購入後にいつでも好きなタイミングで追加アップグレードすることが可能で出力間毎に自由に交換して使用することも可能です。

DFC光周波数コムとCWレーザーを結合しRFビート信号を発生する ビームコンバイナ (DFC BC) および ビート検出器 (DFC MD) をご用意しています。DFC MDからのRF出力信号はCWレーザーの周波数を定義するためカウントされます。またDFCに対するCWレーザーの位相および周波数安定化のため当社の mFALC または DigiLockを使用することも可能です。DFC CORE+ システムにおいて、RF出力信号はCWレーザーを光学的なリファレンスとする目的でDFCの安定化にも使用することが可能です。

このようにDFCシステムをトプティカ社の波長可変半導体レーザーとセットで用いることで波長計、またカウンターを含む完全な周波数安定化レーザーシステムをワンストップサービスでご提供致します。

次のコラムも合わせてご参照下さい: 光周波数コム (技術チュートリアル)

Compact high performance frequency comb

All you need in a small volume

  • ターンキー動作
  • 堅牢なデザイン
  • 19 インチラックと互換設計
  • 追加のエレクトロニクスは不要
  • 最先端アプリケーションに対応可

Convenience

  • 中央一元管理可能なソフトウェア
  • RFリファレンスへの自動ロッキング機能
  • リモート制御 / リモートロック機能

fCEO- stabilization by Difference Frequency Generation (DFG)

  • 本質的に安定
  • シンプル構成 & 高信頼性
  • パッシブ動作, 全光方式位相ロッキング
  • 有効 fCEO ロッキングバンド幅は 80 MHz
  • fn = nfrep, 光リファレンス信号に最適:参照 Puppe et al., Optics letters 41, 8 (2016)
  • フリーランニング狭幅

TOPTICA engineering

  • 20年にわたり培われた産業グレードレーザー技術
  • 周波数コム, CW半導体レーザー, ロッキング回路までワンストップソリューション
  • 完全なラック収納レーザーシステム。据付初日から運用可能
  • 波長 1560 nm
  • frep=80 MHz
  • 全てのエレクトロニクスを内蔵
  • 4 or 8チャンネルのオフセットフリー出力

周波数ロックエレクトロニクス

  • DL pro から DFCへの位相周波数ロッキング
  • 光リファレンスへの位相周波数ロッキング
  • 対応波長レンジ: 420 - 2200 nm
  • 全てのトプティカレーザーにロック可能
  • 堅牢 & 高信頼性
  • アップグレード可能なモジュール方式
  • 高安定
  • 小型
  • 高い自由性
  • ファイバー結合