TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

DFC CORE / DFC CORE+

Low-noise frequency comb

    • エルビウムファイバーレーザーをベースにしたシステム
    • 差周波発生を利用したオフセットフリーを実現
    • 特許取得済の CERO (“zero-fCEO”) テクノロジーを採用
    • 1560 nmにおいて4または8チャンネルを備えたCOREユニット
    • 光周波数変換のための波長拡張モジュールをご用意

    トプティカ社の Difference Frequency Comb (DFC:差周波発生光コム)のCOREユニットは低ノイズのモードロックオシレータ、光ファイバーアンプ、スーパコンテニュウム発生のための非線形光ファイバ、差周波発生(DFG)のためのCEROユニット、また光ファイバープリアンプから構成されています。DFC COREユニットは1560nmにおいて4または8チャンネルの fCEO-安定化された複数の出力ポートを持ちます。それぞれの出力ポートはユーザーの使用波長に合わせて選択されたDFC Extensions モジュールのシード光として利用可能です。標準システムは内蔵されたラジオ周波数標準器と洗練されたfrep ロッキングエレクトロニクスを装備しています。ビート信号検出ユニットを内蔵し、デジタルスコープ機能、スペクトルアナライザーモードを用いることによりロッキングビート信号のモニタリングと分析を簡単に行うことが可能です。

    • DFC CORE
    • 仕様
      レーザー出力4ch又は8ch出力@ 1560 nm (fCEO-free)
      • 中心波長
      • コム間隔
      • バンド幅 (FWHM)
      • 出力パワー
      • 出力方式
      • 1560 nm each
      • 80 MHz each
      • > 20 nm each
      • > 10 mW each
      • 偏波面保存ファイバー (FC/APC)
      波長拡張オプションでカバーするスペクトルレンジ420 - 2200 nm
      • 平均出力 @ 1560 nm ( DFC IRにて)
      • バンド幅 @ 1560 nm ( DFC IRにて)
      • 250 mW
      • 80 nm
      安定性 (RFリファレンスにロッキングした場合)< 1·10-13 (1秒間において)。又はRFリファレンスと同等(whichever applies first)
      バンド幅 frep lock> 70 kHz (DFC CORE) / > 400 kHz (DFC CORE+)
      本体外形寸法 (H x W x D)157 x 448 x 635 mm
      デジタルオシロスコープ外径寸法 (H x W x D)40 x 190 x 170 mm
      クォーツおよびGPSリファレンス外形寸法 (H x W x D)60 x 100 x 165 mm, 58 x 170 x 140 mm
      重量< 30 kg
      電源仕様100...120 V / 220...240 VAC, 50...60 Hz (自動検出)

       

       

      標準のGPSリファレンスを用いた際の典型的な安定度*

      1*10-1340,000秒において
      4*10-1310,000秒において
      2.4*10-121,000秒において
      4*10-12400秒から10秒において
      1.3*10-121秒において

      *更に周波数安定度の高いRFリファレンスを用いることが可能です。お問合せ下さい。

       

      ビート信号検出ユニットの仕様

      VERTICAL  
      チャンネル数 4
      バンド幅 (-3 dB) 8 から 15-bitモード: 200 MHz , 16-bit モード: 60 MHz
      立上り時間 (計算値, 10%から90%) 8 から 15-bitモード: 1.8 ns, 16-bitモード: 5.8 ns
      入力コネクタ種別 フロントパネル上のBNCコネクタ, 1 MΩ ±1 % || 13 pF, ±1 pF
      入力結合および感度 AC/DC, 2 mV/div から 4 V/div
      入力レンジ ±10 mV から ± 20 V フルスケール, in 11 ranges
      HORIZONTAL  
      最大サンプリングレート(1チャンネル、16-bitモード) 62.5 MS/s
      最大サンプリングレート(1チャンネル、8-bitモード) 1 GS/s
      最大サンプリングレート(4チャンネル、8-bitモード) 250 MS/s
      タイムベースレンジ 500 ps/div から 1000 s/div
      バッファメモリー (8 bit / ≥ 12-bit) 512 MS / 256 MS
      バッファメモリー(continous streaming) 256 MS
      スペクトラムアナライザー機能  
      周波数レンジ DC から 200 MHz
      ファンクションジェネレータ機能  
      任意波形ジェネレータ (AWG)  
      外形および重量  
      外形寸法 (H x W x D) 40 x 190 x 170 mm³ (コネクタ突起部含む)
      重量 < 0.5 kg
    • オプション
      • モジュール型 DFC Extensions: DFC CORE / DFC CORE+ユニットから出力されるオフセットフリーの基本波信号(1560nm)を 420 nm から 2200 nmに波長変換する波長拡張モジュールです。
      • DFC BC and DFC MD はコム信号とCWレーザーのビーム混合およびモノクロマティックなビート検出を行います。 
    • アプリケーション
    • 技術文献
    • 関連製品
      • DFC SEED 低ノイズOPCPAシード光モジュール
      • DFC Extensions 光周波数コム 波長拡張モジュール, 420 - 2200 nm
      • DFC BC / DFC MD 光周波数コム用レーザーコンバイナ, ビート検出ユニット
      • Complete DFC Systems コンプリート差周波発生光周波数コムシステム 
      • Tunable Diode Lasers 波長可変半導体レーザー