TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

FemtoFiber Quantum Microscopy

マルチ同期ファイバーレーザー

  • 時間分解ポンプ-プローブセットアップ用のレーザーシステムコンビネーション
  • 構成要素: FemtoFiber TVIS, TNIR, ultra 780, ultra 1050
  • SAM モードロッキング, 偏波保持ファイバーベースMOPAシステム
  • 堅牢かつ信頼性のある設計、押しボタン式操作
  • 空間出力

FemtoFiber pro および ultra シリーズ の最大6つのTOPTICAファイバーレーザーは Laser Quantum社 TL-1000-ASOPS ユニットを使用して同期することができます。この構成では(FemtoFiber Quantum Microscopy)、2台のFemtoFiber ultra Master/Slaveシステムと2台の FemtoFiber pro amplifierが使用されます。FemtoFiber ultraシステムは繰返しレート制御とASOPS同期の両方を備えています。それぞれFemtoFiber pro amplifierシステムのマスターオシレーターになります。

これらのレーザーのうち2台は固定周波数・高性能ファイバーレーザーの FemtoFiber ultraです。 ultra 780は中心波長780nm、平均出力0.5W、パルス幅150fs、ultra 1050は1050nm、5W、<120fsのパルスレーザーを提供します。パルス幅はGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を介して電動コンプレッサーで調整することができ、光学システム(i.e. 顕微鏡対物レンズ)の分散補償を可能にします。レーザーには専用のオシレーターが装備されており、ピエゾ素子を使用してキャビティ―長を変化させることで個々の繰返しレートを変調します。このようにして、ASOPSを実現するために1つの固定周波数に同期することができます。オフセット周波数(ASOPS周波数)は、パルス同期のためにASOPS電子ユニットを使用して設定できます。