TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

FemtoFYb 1030-400

サブピコ秒 1030nmファイバーレーザー(<400fsec)

  • SAM 可飽和吸収体モードロックを採用
  • ターンキー動作、調整不要
  • 小型で堅牢、高い信頼性を提供
  • コントローラ内蔵(本体のみで動作可能)
  • 低消費電力 12V DC 駆動

FemtoFYb レーザーシステムはファイバーべースのサブピコ秒レーザーオシレーターで、微細加工用レーザーなど産業用レーザーのシーダーに最適なレーザーです。FemtoFYbのレーザーパルス は究極の低強度ノイズ、低周波数ジッターを同時に実現し、数ワットクラスのMOPA方式レーザー(MOPA: Master Oscillator Power Amplifier) 及びリジェンアンプ方式レーザー(Regenerative Amplifier Systems)の励起に最適です。 1 µm帯におけるスラブ方式、ロッド方式、ディスクレーザーなど各種の増幅レーザーシステムに対応可能です。

  • FemtoFYb
  • 仕様
    発振波長1030 nm
    パルス幅< 400 fs
    出力> 0.5 mW
    パルス繰り返し30 ± 0.5 MHz
    スペクトル幅> 3 nm, (典型的には 4.5 nm)
    出力結合SM PM fiber pigtail with narrow key FC/APC connector, length >20cm
    RFサイドモード抑圧比> 50 dBc
    レーザーヘッド寸法50 x 135 x 194 mm³
    レーザーヘッド重量<2kg
    電源仕様12 VDC
    Power consumption< 10 Watt
    PCインターフェースUSB
    環境温度15 - 40 °C (動作時), 0 - 40 °C (保存および輸送時)
    環境湿度non-condensing
  • 追加情報
  • オプション

    SwitchBox

    FemtoFiber smart SwitchBoxはラボでのクイックスタートを可能にする小型のコントローラです。 FemtoFYbレーザーの操作に必要な全てのスイッチ類、入力ライン、出力ラインを装備しスタンドアロン動作を可能とします。装置組込み用途以外のシングルユーズユーザー、研究用途のユーザーに最適です。

  • アプリケーション
    • Yb:YAG増幅用シーディング
    • 計測
  • 製品資料ダウンロード