TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

DLC TOPO

広帯域・高出力チューナブル CW OPOレーザ

    • 広帯域波長可変レンジ 1.45 - 4.0 µm (2500 - 6900 cm-1)
    • 300 GHz (10 cm-1) モードホップフリーチューニング
    • 狭線幅: 2 MHz (1·10-5 cm-1)
    • ハンズフリー自動モータチューニング
    • フルデジタル制御 DLC pro コントローラ

    赤外(IR)領域における分光実験は光源の入手性の困難さから多くの課題を抱えています。トプティカ社の高出力 DLC TOPOは広帯域な波長可変レンジ、狭線幅、ハンズフリーのフルデジタル制御機能を兼ね備えた最新のIRレーザー光源です。面倒な内部モジュールの交換、光学系の再調整などをユーザ自身の手で行って頂く必要はありません。容易な操作性と卓越した信頼性を持ったCW OPOレーザ光源は赤外分光、また様々な量子光学のアプリケーションにおいて最適なチョイスとなることをお約束します。

    * 本製品は現在北米地域のみでの販売となります。詳細はこちらからお問合せ下さい

    • 仕様
      シグナルアイドラ
      粗調整波長可変レンジ*1.45 - 2.07 µm2.19 – 4.00 µm2500-4570 cm-1 (アイドラ), 4830-5050 cm-1 (シグナル)
      出力**2 W1 W
      発振線幅< 2 MHz2 MHz1x10-5 cm-1
      モードホップフリー波長可変レンジ***< 1 GHzUp to 300 GHz****最大 10 cm-1 (アイドラ)
      周波数変調およびロック機能PZT(ピエゾ)変調

      PZT(ピエゾ)変調 および 励起レーザ周波数変調

      制御インターフェースDLC proコントローラタッチスクリーン、専用PCソフトウェア、イーサネット/USBリモート制御、アナログリモート制御

      * 粗調整波長可変は自動結晶シフタおよび自動温調により制御されます。オプティクスの交換作業は不要です。
      ** 出力仕様は1.5 - 2 µm, および2.2 - 3.8 µmの波長範囲で有効です。
      *** 波長微調整は励起レーザの波長チューニング (アイドラ) および ピエゾ (アイドラおよびシグナル) により制御されます。
      **** 波長依存性があり30 GHz – 300 GHzのレンジで変化します。

    • 追加情報
    • アプリケーション
      • 分子分光
      • 量子光学
      • サンプル・材料試験
      • バイオフォトニクス
      • 物理化学分野
    • 製品資料ダウンロード


      製品カタログ:DLC TOPO

    • 関連製品