TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

DLC pro Lock

ソフトウェアライセンス

    • DLC pro の追加機能をアクティベートするソフトウェアライセンス
    • 2つのフィードバックチャンネルと独立したPIDレギュレータ
    • 内蔵変調機能を用いたトップフリンジと復調機能を用いたサイドフリンジへの周波数ロック
    • DLC pro との同時購入 & 追加購入+ユーザーでのインストールが可能

    DLC pro LockはDLC proの追加機能をアクティベートするソフトウェアライセンスです。この機能によりレーザー周波数の制御、例えば リファレンス用ガスセルを用いた過飽和吸収分光などに利用可能です。これら一般のアプリケーションではPID制御のためのレーザー周波数の変調(ロックイン)または復調を用いたエラー信号の生成が必要となります。DLC pro コントローラはこれら作業に必要な機能を内蔵しており外部に追加の電気的モジュールをご用意頂く必要はございません。

    またフリンジのサイドロッキングも可能です。例えば PDH モジュールを用いてPound-Drever-Hall法でエラー信号を外部的に生成することで可能になります。変調またはフィードバックのいずれかはDLC pro内蔵の電流またはピエゾドライバーで行います。またはDLC proからの出力信号を用いて外部のAOMまたはEOMいずれかの変調器を用いて可能となります。

    周波数ロッキングはDLC pro本体上にある液晶パネルまたは接続したPC制御ソフトウェアをワンクリックするだけで簡単に行うことが出来ます。分光特性が顕著にある任意の周波数で波長のドリフトを抑え、フィードバック動作を可能とします。

    何らかの原因でロックが外れ、モニター信号が指定されたウインドウに現われない際も自動的にロック状態を回復するためのリロック(Re-Lock)機能も内蔵しています。周波数ロッキングはドップラーフリー分光、言い換えれば MOT などのポピュラーなアプリケーションに多く用いられています。