TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

CHARM (coherence-advanced regulation method)

単一周波数半導体レーザのコヒーレンス安定化

  • 連続的な単一周波数動作を可能に
  • モードホップおよインコヒーレントモードを低減
  • 優れた長時間波長安定性を実現
  • ボタンを押すだけの簡単操作
  • 全てのTopModeシリーズに標準搭載

様々な環境条件(温度、気圧、湿度)の変化は外部共振器型半導体レーザの性能に影響を与えモードホップおよび場合によってはインコヒーレントな「マルチモード」発振状態に陥らせる可能性があります。

トプティカ社のユニークなCHARMテクノロジ (Coherence-advanced regulation method) はレーザーコヒーレンスのアクティブな安定化を可能にします。TopModeレーザシリーズに不可欠な機能であるこのテクノロジはレーザ発振波長と出力パワーの優れた長期安定性と極めて低レベルのノイズを保証します。

フィードバック回路はマイクロプロセッサから構成されるTopMode CHARMコントローラに搭載されています。複数の波長を必要とする用途では1つのコントローラユニットで最大2台のTopModeレーザを制御することが可能です。 レーザをベースにした光検査および光計測アプリケーションにおいてCHARM機能はパワーまたは周波数の急激なステップ変化を防ぐことによってより正確な測定を可能にします。 CHARMは24時間連続の単一周波数オペレーションを確実なものにします。。